チャングファミリーハウスの子ども達

【CHANGファミリーハウス・カンボジア】

新型コロナの影響でしばらくは渡航できないのですが、
いちばん心配になるのは、やはりカンボジアの孤児院です。
支援者さまからも「子ども達は・・?」と、心配の声をいただいてます。

こんな時ありがたいことに、年長のフン、スレイナがよくLINEをくれます。
妹のスレイニは電話をくれました。
「勉強してるのか?」と聞いたら、「してるよー!」と言ってました。

チャングスクール年長の子供

 

孤児院年長の子供

 

子ども達はとても元気です。
先月、6月分の生活費までは渡してきましたのでそこも大丈夫です。

 

changfamilyhouse

 

チャングファミリーハウスの女の子

 

日本と同じで学校は休校、4月にあるカンボジアのお正月は延期になってしまいましたが、いつも通り、庭や舞台で楽しく遊んでいることでしょう。

フンの日本への就職は更に延期になりましたが、自習を続けています。

日本語学校へ通っているスレイナは、オンラインで授業を受けていると言ってました。

皆それぞれが今の状況でできることを精一杯やってくれています。

カンボジアでのコロナの状況

 

子供達は元気です

 

 

CHANG Child Foundation of Asia

投稿者プロフィール

私たちはナコームパトム県に本部があるタイの子供財団(FFC)と協働で、子ども達の生活を支え、知育教育の推進につとめています。
またカンボジアのスラムでは孤児院を運営し、ベトナムとラオスでも生活・教育支援を行っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る