【活動報告】海外の小学校と日本の小学校の違い

カンボジアの小学校事情

12月に地元の児童館で小学生に海外のお話をすることになり、
テーマを「カンボジアの小学校」する予定です。
そこで改めて現地の小学校に行ってきました。

カンボジアの小学校

 

カンボジアの学校は半日授業。
午前の時は朝7時~11時、午後は13時~17時。
半日しかないって、日本の子ども達驚いてしまいますね。

カンボジアの小学校は半日授業

 

カンボジアの小学校の授業

 

授業は国語と算数が中心で、社会や体育もあってだいたい同じ。

カンボジアの小学校のテキスト

 

カンボジアの女の子

 

あとは敷地内に駄菓子屋があって、そこでおやつを買えるのはうらやましいですね。

小学校に菓子屋がある

 

外でサッカーやバスケット、これは世界共通です!
カンボジアの小学生サッカーをする

 

カンボジアの子ども達も予習復習をして、塾にも行って、がんばってますよ。

日本の子ども達に話すのが楽しみです。

カンボジアの小学生

 

CHANG Child Foundation of Asia

投稿者プロフィール

私たちはナコームパトム県に本部があるタイの子供財団(FFC)と協働で、子ども達の生活を支え、知育教育の推進につとめています。
またカンボジアのスラムでは孤児院を運営し、ベトナムとラオスでも生活・教育支援を行っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る