【気候】タイの雨の降り方のパターン 雨をうまく避けるには

3月末に暑くて日本へ逃げ帰りましたが、タイに5月8日に戻るともう天ぷら鍋を火にかけて忘れた台所のような状態でした。

 

即グロッキーでエアコンの部屋に篭りっぱなしでしたが、2日後に俄かに空がかき曇り、ドドーンと落雷、ザーッと雨が降り、待ちに待った雨季が始まりました。

雨季、と言うと日本の梅雨をイメージする人が多いかと思いますが、タイの雨季の時の雨の降り方は、キチンとパターンが有ります。

これさえマスターしておけば、それほど観光に困ることはありません。

 

まず、雨季の最初の5月から8月までは、雨はほとんどの確率で午後5時から午後7時までに2時間きっちり降ってピタリと止みます。
降る2時間前位から蒸しっとした空気になります。

しかし西の空が明るい時はまだ大丈夫です。

タイの雨季前半の雨はほぼ必ず西から来ます。

だから西側の空が曇ってくると要注意。

そして強い風が吹けば10分以内に雨宿り先に走りましょう!

なぜかタイの雨に濡れると結構簡単に風邪をひきます。

しかもタチの悪い夏風邪です。
この時タイ人は頭にビニール袋をかぶります。

タイ人は風邪は頭から引くものだと信じられているので、ビニール袋を被るのです。

 

タイの雨

 

 

情報提供:チヨちゃんトラベル イヌイマキ

通訳、観光案内、送迎、なんでもご相談ください。

https://www.facebook.com/maki.ii.9

 

 

 

 

チヨちゃんトラベルイヌイマキ

投稿者プロフィール

1997年4月からタイのバンコクに住む。冬がないのでずっと居座り続けて、もう日本へ帰れません。元ムエタイチャンピオンの旦那と17年一緒に住んでます。空港送迎、自家用車貸切でアユタヤやピンクガネーシャ、パタヤなどあちこちご案内しています。また企業への通訳、チェンマイやウドンタニー、ラオスなど地方や近隣国への出張も承っております。よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る