【病気・怪我】タイの薬局 コンビニで買える安くてオススメの薬を紹介

タイの薬局

タイに来ている時に病気や怪我は辛いですね。

しかし、ちょっとだけ「調子が悪い」時に、いちいち病院行くのは面倒くさいなー、ってないですか?

実は「タイのコンビニで簡単な薬なら24時間買えます!」

で、私だったらよく買うのが「頭痛薬」

 

タイの薬屋さん

 

バンコクの薬局

 

日本でロキソニンだったらいくらしますか?

タイだとパラセタモール系の頭痛薬は安いのになると10粒入りで12バーツから20バーツくらいしかしないのですよ!

私が一番よく買う頭痛薬は「SARA(サーラー)」です。

ちょっとした偏頭痛や生理痛なら2粒でさっさと治ります。

切り傷の怪我だとこれまた10バーツくらいの「ベタディン」と言うヨードチンキみたいな消毒薬をちょちょい、と塗って絆創膏貼って終了です。

 

こちらは、シミが薄くなるクリームです。

シミが薄くなるクリーム

 

 

それほど重くない風邪や風邪のひき始めだとタイの一般庶民は「ファータラーイジョー」と言う万能ハーブの正露丸みたいなやつと、リポビタンDやレッドブルとかタウリンの入った滋養強壮剤と一緒に飲んで一晩暖かくして寝ます。

(暖かく、というのはエアコンを消しての意味です)

ファータラーイジョー

 

でもお腹を壊している時は気をつけて欲しいのが、冷えて下痢になったのか?

食べ物に当たって下痢になったのか?

をちゃんと区別する必要があります。

今から約15年前のこと。

パタヤで牡蠣のオムレツに当たった私、帰りのバスで2時間以上はトイレを我慢しないといけないから、と飲んだのは「イモディウム」。

イモディウム

(画像はAmazonより。イメージなのでこのパッケージとは限りません。)

 

これを飲むと、一発で出るものが止まります。

鼻水さえも出なくなります。

しかし、出なくなることで、お腹の中ではバクテリアが大繁殖。

バンコクに着く頃には深刻な中毒症状が出てしまい、2泊入院して3kg痩せました。

食べ物に当たった場合の下痢だけは、ちゃんと薬局に行き、お腹に効く抗生剤を処方してもらうべきでしょう。

 

情報提供:チヨちゃんトラベル イヌイマキ
通訳、観光案内、送迎、なんでもご相談ください。
https://www.facebook.com/maki.ii.9

チヨちゃんトラベルイヌイマキ

投稿者プロフィール

1997年4月からタイのバンコクに住む。冬がないのでずっと居座り続けて、もう日本へ帰れません。元ムエタイチャンピオンの旦那と17年一緒に住んでます。空港送迎、自家用車貸切でアユタヤやピンクガネーシャ、パタヤなどあちこちご案内しています。また企業への通訳、チェンマイやウドンタニー、ラオスなど地方や近隣国への出張も承っております。よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る