【観光】アンパワー水上マーケット(前編)

アンパワー水上マーケット

アンパワー水上マーケットは、バンコク中心部から車で1時間30分程度。
前にご紹介したメークロン電車市場とセットで一日で廻れる場所にあります。

 

タイには観光客で溢れる水上マーケットもありますが、ここはタイ人から人気のあるマーケットです。
タイ各地から訪れる人々に混ざって散歩や買い物、そんなローカル感を楽しみたい方に人気があります。
マーケットが開催されるのは、金土日と祝日の15時~21時の間です。

 

アンパワー水上マーケット

ここではたくさんのツアーボートが運航されていますので、私たちは周辺のお寺を五ヶ所も廻ってくれるボートに乗ってみました。
3時間のコースだったかと思います。
20人程のボートは乗り降りする時だけ結構揺れますが、水上では穏やかに進みますので怖さはありません。

 

船上から眺めるお寺

早速お寺が見えてきました。
船上から眺める、水辺に建つ本堂や仏殿。
お寺そのものもきれいですが、水面に映る姿がとても幻想的です。

 

タイの仏像

1件目は木々と芝生が美しい公園のような場所。
ピカピカのタイルの上には真っ白の仏様が鎮座、かなり大きく5mはあったでしょう。
本堂の中にはタイらしい金色の仏像、そして高僧の像も祀ってありました。

 

タイのお参り

次のお寺も熱心な信者さんでいっぱいです。
タイのお参りでは、参拝者が小さい金箔を仏像に貼っていくので、表面がザラザラとしてます。
手に残った金箔は自分のおでこに付けます。

 

ガネーシャ

3件目ではヒンドゥー教で最も人気があるガネーシャにお参り。
象の頭に人間の体。元々は顔も人間でしたが、父シヴァに誤って切り落とされてしまったというお話もあります。
厄除け、財運、学問、あらゆる功徳があります。

 

タイの船上ツアー

短時間で5ヶ所のお寺を廻るので、あまりゆっくりは見ていられません。
ちょっとのんびりしていると「行くよー!」とせかされてしまいます。

 

後編では4件目と5件目のお寺をご紹介します。
特に5件目は一番メインのお寺「ワットバーンクン」、ここは必見です。

 

Amphawa Floating Market(アンパワー水上マーケット)

【住所】Amphawa, Samut Songkram

【地図】

Welcome to Tahiland編集部

投稿者プロフィール

当サイトでは、タイの情報提供や、広報のお手伝いをしております。
このサイトが皆さまのタイ生活のお役に立てれば何よりです。
タイに関することは何でもお気軽にご相談下さい。
皆さまからの情報提供もお待ちしております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る