バサック孤児院出身の子どもの就職

バサックのフンから、
「日本に就職したいから学校の先生に会いに来て!」と連絡がありました。

 

カンボジアタヤマスクールの生徒

 

いつから?・・わからない。
東京?・・わからない。
何の仕事?・・建設!

よく分からないので、タヤマスクールの先生に会ってきました。
聞いてみると、もしも面接に受かったら決定するそうです。

 

カンボジアタヤマスクール

 

カンボジアタヤマスクールのバイク置き場

 

カンボジアタヤマスクールの入り口

 

カンボジアタヤマスクールの先生に会いに行く

 

採用は2名で応募は7名、結構な倍率です。
その会社には、既にタヤマから8名も行っているので、寂しくはなさそうです。
説明してくれた先生も、3年間働いていた会社ってことでもっと安心しました。

 

カンボジアタヤマスクールの教室

 

ちょっと遠い場所ですが、もしも来ることになったら日本で会うのが楽しみです。
日本就職第一号になるか!? 期待してます!

それにしてもタヤマスクールの生徒のマナーや、礼儀正しさには驚きました。
日本人より日本人のマナーを身に付けてます。

 

カンボジアタヤマスクールの生徒

 

カンボジアタヤマスクールの礼儀正しい生徒

CHANG Child Foundation of Asia

投稿者プロフィール

私たちはナコームパトム県に本部があるタイの子供財団(FFC)と協働で、子ども達の生活を支え、知育教育の推進につとめています。
またカンボジアのスラムでは孤児院を運営し、ベトナムとラオスでも生活・教育支援を行っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る