【グルメ】バンコクNo.1のカオマンガイ

タイフードカオマンガイ

鶏スープで炊いたタイ米に、蒸した鶏をのせて食べる素朴なタイ料理。
カオマンガイはタイを代表するローカルフード

日本人からの人気もバツグン、日本国内にも次々とカオマンガイのお店がオープンしています。
世界中の旅人が魅了され、タイへ行ったら先ずはカオマンガイ。
一日二食くらいカオマンガイでもいい!って人もたくさんいるでしょう。

そんなカオマンガイがいちばん美味しいのはどこか?
たくさんの日本人が「ナンバーワンはここ!」って、評判のお店をご紹介します。

 

バンコク老舗ホテルモンティエン

場所はシーロムにある老舗ホテル“モンティエン”

屋台やフード―コートではなく、意外にもホテル1Fのレストランにあります。

 

RUENTON

フロントの右奥の廊下をひたすら進むと、突き当りのちょっと手前の左側、この「RUENTON」です。

メニューには「HAINANESE CHICKEN RICE 280B」と書いてあります。

280B=950円くらいですから、他の店と比べたら結構高いです。

 

カオマンガイを作る

厨房をのぞかせてもらうと、熟練風のコックさんが次々と鶏をさばいてます。

続々とカオマンガイのオーダーが入るので、三人前を同時に作ってました。

他の店では、品切れで残念な思いをすることが多々ありますが、ここではそんなこともなさそうです。

 

量が多いカオマンガイ

そして運ばれてきたのがこちら!

第一印象、すごい量!鶏肉は3倍、別盛りご飯は2倍近くあるでしょう。

分厚い肉が三重になっていて、つやつや、しっとりと光ってます。

そしてこの血の固まりこんなに大きいの初めて見ました

 

フードコートにあるカオマンガイ

こっちがフードコートで食べた普通サイズ。

70Bath(240円くらい)だったかな。その差は歴然です。

 

カオマンガイのタレ

味の方ももちろん大満足です。

鶏はプリプリと新鮮、ご飯にも鶏ダシがしっかりと効いていて、ご飯だけでもいけそうです。

そしてタレが四種類、甘、辛、生姜、ニンニクと、これを少しずつ付けて食べたら四倍楽しめます

 

NO1kaomangai

その辺のお店のカオマンガイ食べて、お腹いっぱいになることは中々ありませんが、ここのは満腹になります。

食べきれない人もいると思います。

ちょっとオヤツ代わりに・・ではなく、ランチ!ディナー!って感じです。

 

カオマンガイ大好きな方には、是非行っていただきたい一軒です

ちょっと高いですが、それだけの量と味!

おすすめです。

 

ホテル モンティエン バンコク(Montien Hotel Bangkok)1F ルエントン(RUENTON)

【住所】
Thanon Surawong, Khwaeng Si Phraya, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
【地図】

Welcome to Tahiland編集部

投稿者プロフィール

当サイトでは、タイの情報提供や、広報のお手伝いをしております。
このサイトが皆さまのタイ生活のお役に立てれば何よりです。
タイに関することは何でもお気軽にご相談下さい。
皆さまからの情報提供もお待ちしております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る