【グルメ】カラフルでかわいい!タイのお菓子いろいろ

タイのお菓子いろいろ

タイ料理って辛いですね。でもその反面、タイのお菓子は歯が溶けそうなくらい甘いものが多いです。

今日はその中から、いくつか私の好きなものと、ちょうどイベントでデモンストレーションやっていたものについて紹介していこうと思います。

タイのお菓子

 

まずタイのお菓子ですが、タイも日本同様、実はポルトガルの影響を受けています!

日本で一番最初に伝わったお菓子は金平糖やボーロですが、種子島にやってきたポルトガル人は、タイ(シャム湾)に寄ってから日本に来ているからなのです。

ただ、日本と違ってお菓子に持ってこいな食材が多いタイだけあって、存在するお菓子もまあ本当に豊富。

正直書ききれないほどです。

今回は、ざっとお勧めを中心に書いていきます。

まず「カオニャオマムアン」

カオニャオマムアン

 

ココナッツミルクで炊いたもち米の上に、甘いマンゴーの切り身を乗せてあるものです。

これ、海外に住むタイ人が食べたくなるタイ料理の常に上位3位内に入るほどの人気です。

そして、タイに来たら絶対にこれは食べていって欲しいと思うデザートでもあります。

特にマンゴーが甘くなる3月から5月のものは最高です。

食感はフルーツ大福のような味です。

 

次に私が好きなのが「カノムモーケン」

写真はカオニャオ(もち米)の上に乗っているものですが、普通は器などに固めてあるのが売られています。

卵を使ったプリンにしては、かなり甘さが柔らかく控えめな感じです。

カノムモーケン

 

またそもそも甘いものがあまり好きではない私が好きで、高級レストランなどでは、料理が運ばれてくる前のアテにサービスで出してくれるところもあります。

バイプルーと言う全くクセのない葉っぱでココナッツの果肉をローストしたものや、生姜や赤たまねぎ、干しエビやピーナツや唐辛子が入った甘辛いタレを入れたのを包んで食べるものです。

バイプルーと言う葉っぱは、日本で言う「ツルムラサキ」の葉っぱに似た感じです。

私は最初見たときに衝撃を受けたのが、「カノムロック」です。

なんとたこ焼きの器で作られているお菓子で、関西圏に長く住んでいた私は、やっぱりたこ焼きには目がなく、感激して購入!

全く別のもので、がっかりした経験があります。

これは、たこ焼き機で作られたココナツミルクを甘辛く焼き上げたお菓子です。

カノムロック

 

タイのお菓子でお約束事と言えば、

緑は「バイトーイ」と言うヨモギ的な香りのある葉っぱを使っていること。

黄色はカボチャ、バナナ、家鴨の卵、がよく使われていること。

青色はアンチャンと言う花で色をつけているだけで、味はありません。

赤やピンクもクラジアップと言う、ほとんど香りも味もしない花で色をつけています。

またお菓子で多用される食材は、バナナとココナツの果肉です。

他には肉が入っているお菓子もあります。

バイトーイ

 

タイの揚げ菓子

 

まだまだ紹介したいお菓子が多々ありますが、とりあえず気になる写真があったら、スーパーなどで「これありますか?(アンニー、ミー、マイカ?)」と聞いてみてくださいね。

 

情報提供:チヨちゃんトラベル イヌイマキ
通訳、観光案内、送迎、なんでもご相談ください。
https://www.facebook.com/maki.ii.9

チヨちゃんトラベルイヌイマキ

投稿者プロフィール

1997年4月からタイのバンコクに住む。冬がないのでずっと居座り続けて、もう日本へ帰れません。元ムエタイチャンピオンの旦那と17年一緒に住んでます。空港送迎、自家用車貸切でアユタヤやピンクガネーシャ、パタヤなどあちこちご案内しています。また企業への通訳、チェンマイやウドンタニー、ラオスなど地方や近隣国への出張も承っております。よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る