【観光】ワットパクナームの横の派手派手寺、ワットクンチャン

ワットクンチャン

最近、ワットパクナームが日本人観光客の間だけで有名になりつつありますが、その相乗効果で、運河を挟んで隣に立つ「ワットクンチャン」も有名になってきました。

ワットパクナームの緑ガラス塔の5階のテラスに出ると、必ずみんなが、あのお寺は???
と後ろ向きの大仏を見て反応するので、まあ多分面白いと思うので行ってみましょう、ということで行ってきました。

ワットアブソンサワン

 

行き方は、前の記事の ワットパクナーム を参考にしてください。

どうやらBTSタラートプルーから乗るソンテウは白じゃなく赤の方らしいです。

ワットパクナーム横の細い路地を進みますと、どんつきがワットアブソンサワンというお寺です。

ここの本堂の仏像はAKB48みたいな並び方になっていて、ちょっと他所とは違います。

そっちも見所ありますが、運河の向こうに行ける橋を渡ったところにあるのがワットクンチャン。

ワットクンチャン

 

なんとフェイスブックもやっていて、タイ語がわかる人なら、今はイベント中とかもバッチリ把握することができます。

https://www.facebook.com/watkunchan/

 

まあこのお寺のすごいところは、とにかくド派手なこと!

しかも涅槃仏がやたらとセクシーだったり、ミャンマー風の仏像があったり、仏教なのにヒンズー教ぽかったり、まあもうごちゃごちゃ感がものすごいです。

バンコク涅槃仏

 

そして、そんな派手な境内を見ていると、さっきまであんなに美しいワットパクナームの5階の間に居たことを忘れ、派手な仏像の隙間から見えるワットパクナームのまあなんて地味なこと。。。

こんな派手派手でごっちゃごちゃ間の強いお寺ですが、建立はワットパクナームよりも古く1837年に建てられたそうです。

バンコクの派手な寺院

 

ドヤ顔で白い象の上に胡座をかく俗物臭がする仏像の下にある、月を飲み込もうとしているラフーの魔人にお参りして「厄除け祈願」をする人が多いようです。

厄除け祈願

 

こちらもワットパクナームと同様入場料タダですから、お時間余裕のある方は是非お立ち寄りください。

英語もタイ語もできないので不安です!

と言う方は喜んでご案内いたしますので、よろしくお願いいたします。

 

情報提供:チヨちゃんトラベル イヌイマキ
通訳、観光案内、送迎、なんでもご相談ください。
https://www.facebook.com/maki.ii.9

チヨちゃんトラベルイヌイマキ

投稿者プロフィール

1997年4月からタイのバンコクに住む。冬がないのでずっと居座り続けて、もう日本へ帰れません。元ムエタイチャンピオンの旦那と17年一緒に住んでます。空港送迎、自家用車貸切でアユタヤやピンクガネーシャ、パタヤなどあちこちご案内しています。また企業への通訳、チェンマイやウドンタニー、ラオスなど地方や近隣国への出張も承っております。よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る