【観光】タイのノンタブリー県のクレット島(サイクリング編)

クレット島サイクリング

前回からご紹介しているノンタブリー県のクレット島。

この島は一周7キロなので、徒歩でも2~3時間あれば廻ることができますが、ちょっと疲れますね。
そこでおすすめの移動が、40バーツのレンタル自転車です。

 

日本で自転車に乗る機会はありませんので、これが何か小中学生に戻ったようでとても楽しかったです。
タイの友人ご夫婦と三人でおしゃべりしながらサイクリング。
足はパンパンになりましたが、気持ちは若返った感じです。

ノンタブリー県クレット島

 

古い木造の家や駄菓子屋、入り組んだ路地は日本の昭和のような雰囲気
子供の頃はこんな景色の中で遊んでたかなと、懐かしい気分になりました。

ノンタブリー県クレット島駄菓子屋

 

この島には幾つかのお寺があるのですが、その中でも有名なのが、この島のシンボル“ムタウ仏塔”
白を基調にリボンのような赤がインパクトあり、青い空の下に清楚にそびえ立っています。

渡し船からでもこの仏塔がよく見えるので、先ずは行ってみたくなることでしょう。
アユタヤ時代に建立され、300年ほどの歴史があります。
傾いているのは浸食が理由ですが、近くで見ると本当にかなり傾いていて、こういう珍しい仏塔を見られるのは貴重です。

ムタウ仏塔

 

近くには博物館もあり、そこでは骨董品が展示されていて、素焼きのデモンストレーションを見ることができます。

休憩時間なのか、ゲームをしていた小坊さんにお話しを聞いてみました。
小坊さんは7才でこのお寺に入って、今は12才。
朝と夕方のお経が日課で、学校には通ってなくて、このお寺の中で勉強を教えてもらっていると言ってました。

そして一番の楽しみは、遠いパタヤで働いているお母さんが二ヶ月に一回会いに来てくれること。
まだまだ甘えたい年頃ですよね。

タイの小坊さん

 

最後は商店街をサイクリング。
お菓子の島としても知られていますので、かわいらしい色と形のお菓子がたくさん売っています。
これをつまみながら過ごすのも楽しいでしょう。

クレット島のお菓子

 

自然に囲まれた昔懐かしい街並み。
そこで暮らす穏やかな人々と触れ合って、気分転換におすすめの島です。

 

クレット島(Ko Kret)

【住所】Ko Kret,Nonthaburi
【地図】

Welcome to Tahiland編集部

投稿者プロフィール

当サイトでは、タイの情報提供や、広報のお手伝いをしております。
このサイトが皆さまのタイ生活のお役に立てれば何よりです。
タイに関することは何でもお気軽にご相談下さい。
皆さまからの情報提供もお待ちしております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る