【グルメ】暑いタイで飲むビールは美味しい

タイのビール売り場

お客さんをあちこちご案内していると、やはり食事もご一緒します。

そして、暑いタイで汗を流した皆さんは、やっぱり冷えたビールを飲みたがります。

そしてタイ料理もまたこれ、ビールによく合います

そんなことを言いつつ、私はビールは全然飲みません。

ウィスキー派です、と言いつつ、殆ど飲みません。

なので、タイに20年以上通うかなりの「タイ通」のお客さんに今回代わりに飲んでもらってコメントをもらいました。

 

タイのビールといえばご存知「シンハービール」

私がタイに初めてやって来た当時は、タイにあるビールと言えば、「シンハービール」とハイネゲンなど海外からやって来て現地で製造しているビールしかありませんでした。

そのあとすぐに「ビアチャーン」が出まして、ここからビール愛飲者の中でも「シンハー」派「チャン」派と派閥が発生しました。

シンハーはシンボルマークがライオンと言うか獅子です。チャンは象。

ここからタイ製造のビールは動物がイメージキャラとして定着しました。

では他のビールとともに愛好家からのコメントを紹介していきます。

表記はタイ語読みにさせていただきました。

レストランで注文する場合は「コー(ちょうだい)」を先につけて、お気に入りのビールを言ってください。

ビアシン:獅子ビール:味は日本のヱビスビールのように濃厚。

これぞ、ビール!という感じで、この20年の間にいろんなビールが発売されても不動のセンターを守っているくらいの人気ビールです。

亡父もシンハーが最高と、シンハー派でした。

ビアチャーン:象ビール:味は苦味が抑えられてさらっと飲めるらしく、一概に日本人よりお酒に弱いタイ人にはシンハー派よりチャーン派が多いです。

タイのビールビアーチャーン

 

ビアリオ:豹ビール:ちょっと甘みがあり、アルコール分は弱めで若い子に人気があります。

タイのビールビアリオ

 

お客さんの息子さんで20歳の大学生の僕ちゃんは、これが一番だとこればかり飲んでいました。

と、ここまでは2、3回タイに来た方でビール好きな方は目にしたことがあります。

実は、他にもあるのですよ。

 

ビアアチャー:馬ビール:本当滅多に売ってません。飲食店ではまずお目にかかれません。

ビアアチャー

 

私は近所の大型スーパービッグCで見つけました。

タイ通のお客さんに飲んでもらったところ、人工甘味料が強く、アルコールをほぼ感じず、おつまみ無しでジュース感覚で飲めてしまう、と正統派のビール党の人にはイマイチなようです。

 

ビアプーケット:オウムビール:これも飲食店ではまずお目にかかりません。

ビアプーケット

 

しかもプーケットで製造しているせいなのか、こいつは他のビールよりいつも割高で売ってます。

これも昔、ビアシンが好きなお客さんに飲ませたら「うーん」と苦い顔。

要するにビアシンの方が美味しいってことだけはわかりました。

他には、外国製のビールだけど現地製造しているのが、日本のアサヒビール

アサヒスーパードライ

 

日本のアサヒと味が違うぞ!な意見続出であまり勧めないようにしています。

外国製のビールで活躍花々しいのはハイネゲン、シンガポール製のタイガービール、フィリピン製のサンミゲル、チアーズ(ハイネゲン傘下)などが飲まれています。

でも、輸入ビールですが、タイに来たら1度は飲んで欲しいのが、隣国のラオスのビール「ビアラオ」です。

タイのビールビアラオ

 

旅慣れているビール党の人に言わせると「アジアで一番のビール」「口当たりよくサラッといけるビール!」とコアなファンを持っています。

 

これらはスーパーなどで売ってるのですが、タイはお酒が買える時間が決まっています

午前11時から午後14時までと午後17時から深夜0時までです。

選挙前日や、仏教行事の祝日などでは終日販売禁止になりますので、どうぞご注意くださいませ!

 

情報提供:チヨちゃんトラベル イヌイマキ
通訳、観光案内、送迎、なんでもご相談ください。
https://www.facebook.com/maki.ii.9

チヨちゃんトラベルイヌイマキ

投稿者プロフィール

1997年4月からタイのバンコクに住む。冬がないのでずっと居座り続けて、もう日本へ帰れません。元ムエタイチャンピオンの旦那と17年一緒に住んでます。空港送迎、自家用車貸切でアユタヤやピンクガネーシャ、パタヤなどあちこちご案内しています。また企業への通訳、チェンマイやウドンタニー、ラオスなど地方や近隣国への出張も承っております。よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る