【観光】チャオプラヤー川に囲まれた中洲クレット島の名物「素焼き」

クレット島名物

クレット島はバンコクのお隣り、ノンタブリー県にあります。
日本やバンコクの喧騒からちょっと離れたい方に是非行ってもらいたい、のんびりした場所。
島と言っても海に浮かぶ島ではなく、チャオプラヤー川に囲まれた中洲のことです。

バンコクの中心部から車で1時間ほど、先ずはワット・サナムヌア(Wat sanam nuea)というお寺に行き、そこから一人2バーツの船に乗って島へ向かいます。
渡し船なので乗船時間は2~3分、あっという間に島に到着です。

バンコク渡し船

 

ここで有名なのは素焼きです。
素焼きのお店や工房がたくさんあって、その色合いや細かい装飾がとても美しいのです。

バンコクの素焼き

 

数あるお店の中から、いかにも熟練の職人という男性のお店に入ってみました。

おじさんの名前はタワッチャイさん。

ナコムパトムの出身で、おじいさんがこの島に住んでいたことがここに住むきっかけとなりました。

 

この仕事が大好きで、「インターネットに出店すればもっと売れるんでしょうが、ここに来て買ってもらいたいんだよね。

4日前なんか1個も売れなかったよ。でもお金じゃないから」と笑ってます。

「これ見て、新作!アラジンのランプ!」と、出来立ての作品を満足げに見せてくれました。

アラジンのランプ

 

タワッチャイさん、素焼きの写真集も出してます。

写真で見る作品も美しいのですが、写真集のタワッチャイさんがとてもかっこよかったです。

私も事務所に飾る壺を購入、タワッチャイさんは素敵なペンダントをおまけで付けてくれました。

素焼きの写真集

 

飲食店もたくさんあるので食事にも困りません。

私たちは船着き場を降りて左折して直ぐのお店へ。

チャオプラヤー川に足を投げ出しながら食べるカオパット

そして屋台で買った花の天ぷらを持込みました。

色鮮やかな南国の花に甘いソースをかけて、サクサクと美味しかったです。

チャオプラヤー川でカオパット

 

なぜか外国の男の子2人が働いていたので聞いてみると、イタリアとスペインから来た交換留学生でした。

1年間タイでホームステイしながら勉強してるとのことです。

「タイはどお?」「とっても楽しいです!」と、みんなタイが大好きですね。

タイでホームステイ

 

慌ただしく動くことなく、出会った人とゆっくりとおしゃべりしながら過ごすのにもってこいの島でした。

バンコクからの日帰りでも十分に楽しめる場所です。

 

クレット島(Ko Kret)

【場所】:Ko Kret,Nonthaburi

【地図】

Welcome to Tahiland編集部

投稿者プロフィール

当サイトでは、タイの情報提供や、広報のお手伝いをしております。
このサイトが皆さまのタイ生活のお役に立てれば何よりです。
タイに関することは何でもお気軽にご相談下さい。
皆さまからの情報提供もお待ちしております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る