【穴場案内】海の上に立つバンコク海鮮料理レストラン

バンコクの海鮮レストラン

「寺とか象とか遺跡とか、もう飽きた!ガイドブックに載ってないところに連れて行って!でもバンコクじゃなきゃ嫌よ。」

とちょっと難しいお題をいただきましたので、じゃあバンコクで唯一海に面している地区、「バンクンティアン」地区でシーフードを食べに行きましょうー!

と、言うことで訝しげなお客さんを旦那の車に乗せて、デュシタニホテルを出発!

チャオプラヤー川を渡って、ラマ2世通りを西へ進みます。

途中で左に曲がると工場地帯。海って雰囲気は全然ありません。

チャオプラヤー川

 

そこをさらに10kmくらい延々と直進すると、いつしか工場や家がなくなり、木々が生い茂る湿地帯に。

あ、その湿地帯の水、海水ですからねー。

そう、気がつけば両サイドがマングローブの並木道に変わっている。

道がとうとう三叉路になったところで、斜め向かいにある駐車場へ。

バンコクマングローブの並木道

 

ここが船着場。海の上にあるので、船で行かないといけないのです。

船賃は往復で50バーツ。8人揃うと出発してくれます。

海水の運河をボートに揺られること30分。

とうとう来ました「バンコクシービュー」海の上に建っているムード満点の海鮮レストランです。

バンコク海上レストラン

 

本当はちゃぶ台の席で、食べた後昼寝もしたいのですが、お客さんはあんまりそういうことが好きそうではなかったので、無難なテーブル席へ。

海老やらイカやら子持ちカニやらトムヤムクンやら頼みます。

「うま!」と警戒していたはずのお客さんが呟いたと思ったら、どんどんビールが開きます。

気がついたらビール大瓶3本が空き、料理は子持ちカニ1kg、海老500g、イカ1匹、野菜炒めと海老の甘辛ソース炒め(クンチーマッパォ、と呼ばれていて、エビチリソースではないかなあ)、トムヤムクン中サイズで約3,500バーツ。

バンコクで海鮮料理

 

日本人観光客でごった返すソンブーンと比べても味に遜色はないのに、値段はソンブーンより3割は安い

でもただし平日に来ると、いろいろと在庫がない。

週末は送迎の船が足りないくらい人が来るので、待たなくてはいけない時がある。

そしてお金が払えないとマジで帰してもらえない。

帰り道はサンセットを楽しみつつ、ボートに揺られてうたた寝して私は、ほっぺの肉を噛んでしまいました。

ここに行ってみたい方、気軽にご相談くださいませー。

 

情報提供:チヨちゃんトラベル イヌイマキ
通訳、観光案内、送迎、なんでもご相談ください。
https://www.facebook.com/maki.ii.9

チヨちゃんトラベルイヌイマキ

投稿者プロフィール

1997年4月からタイのバンコクに住む。冬がないのでずっと居座り続けて、もう日本へ帰れません。元ムエタイチャンピオンの旦那と17年一緒に住んでます。空港送迎、自家用車貸切でアユタヤやピンクガネーシャ、パタヤなどあちこちご案内しています。また企業への通訳、チェンマイやウドンタニー、ラオスなど地方や近隣国への出張も承っております。よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る