【魔除け】タイの刺青寺にご案内

バンコクで刺青

皆様サワディーカー。
先日、タイ在住21年目にして、
「刺青寺へ刺青を入れに連れて行って欲しい」と言う超マニアックな依頼を受けました。
まあ私、以前はニューハーフさんやトムボーイ君達の性転換手術のアテンドもして居ましたし、病院で通訳する位のタイ語は問題ないので、そりゃぁ大丈夫なんですが。。。
ただ、私もタイ人旦那も刺青が入ってないので、その辺の作法とか知識がないんですよね。。。
で、詳しく聞いてみると、

  • ワットバンプラ、と言うバンコクから60kmくらい離れたお寺でやってるということ
  • 彫り師のお坊さんや先生が何人も居るそうだけど、一番霊験あらたか、とされているのがルアンピーナン氏、ナン僧侶で、今回の依頼はこの人だけに彫ってもらいたい!と言うもの。
    (どうやら余所で頼んだら、そんな高貴な僧侶に予約なんか出来るか!とタイ在住のベテラン日本人に叱られたそうな)
  • 針は全員使い回し。。。(霊験あらたかなので肝炎やHIVは大丈夫、だそうです。って言うんだけど、自己責任)
  • 図柄は選ばせてもらえない
  • 彫ったら最後、五戒を一生守らなくてはいけない

 

日本語で検索しても出てこないので、YouTubeで英語検索するとviceと言うドキュメンタリーがヒットし、そこの3月のお祭りの紹介の際に、お寺の電話番号が掲載されている看板が一瞬映ったので、その電話番号にタイ人旦那にかけさせて事情を探って貰う。

そうすると、刺青ギッシリで怖そうなイメージだが、対応してくれた人は結構親切で、
「土日は物凄い人で混雑するから出来るだけ平日がいいよ。」とか
「ナン僧侶に彫ってもらいたかったら、ナン僧侶の場所に朝7時から並ぶと良いよ」と有力情報を惜しげもなく教えてくれる。

そう言うわけでお客さんを月曜日の早朝5時に迎えに行き出発!
のどかな田園地帯の中に、その刺青寺が有りました

タイ刺青寺

 

刺青寺に到着すると、先ずは60バーツでトラに乗った仏像に金箔を貼ったり線香を捧げたり、祈りの念仏を唱えたりした後、いよいよ、ナン僧侶のいる場所へ!
この時朝6:50!。

7時に扉が開けられ、続々と人々がお供え物と25バーツをお盆に載せて行きますが、ナン僧侶がやって来た8:45にはすでに25人の希望者が集まって居た!
余程このお坊さんは有名な様です
お供え物売場

お供え物をお盆に載せて

 

一同が一斉にナン僧侶に祈りを捧げた後、私のお客さんが一番最初!

そう、新しい針で一番最初!
これで肝炎やHIVなど感染症の危険もなく、カオヨートと呼ばれる「あらゆる災難や事故から免れる」と言うお守りを彫ってもらいました。

タイの刺青寺で刺青を彫ってもらう

 

料金はお供え物60バーツと、25バーツだけ。。。
持って来たお布施が500バーツだと高額だからと、本堂に行くように言われ、そこで又ご年配の、多分高僧だろうなあと思われるお坊さんに「カタ」を入れてもらいました。
カタ、とは彫った刺青に魂を入れてもらう儀式です。
タイのお坊さんにカタを入れてもらう

 

その後はお寺の中をちょっとうろうろして珍しい蘭の花を見たり、ナマズに餌をやったりしてバンコクに戻りました。

ご案内したお客さん、後日さらにバンコクの又有名なところで、お守りの刺青を彫ってもらい、そこでも「カタ」をして貰ったところの写メを提供して下さいました。

日本だと刺青は893, 怖いなイメージが付きまといますが、タイではお守りを肌身離さずに付ける感覚で彫ってもらう人が多く存在します。

とは言えお客さんからは、メッチャ痛かった!とのコトでした。

 

情報提供:チヨちゃんトラベル イヌイマキ
通訳、観光案内、送迎、なんでもご相談ください。
https://www.facebook.com/maki.ii.9

チヨちゃんトラベルイヌイマキ

投稿者プロフィール

1997年4月からタイのバンコクに住む。冬がないのでずっと居座り続けて、もう日本へ帰れません。元ムエタイチャンピオンの旦那と17年一緒に住んでます。空港送迎、自家用車貸切でアユタヤやピンクガネーシャ、パタヤなどあちこちご案内しています。また企業への通訳、チェンマイやウドンタニー、ラオスなど地方や近隣国への出張も承っております。よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る