【活動報告】タイの子供財団“子供の村学園”その1

タイの子供財団

CHANGの協力団体、タイの子供財団です。

幾つかの施設があるのですが、今回はカンチャナブリにある“子供の村学園”に行ってきました。

こことの協力関係も5年目になり、子ども達や先生ともだいぶ親しくなりました。

少しずつ、子ども達を紹介します。

顔を白く塗っているのは、ナッという男の子。
もう13才なのですが、学年は小学校2年生、とても甘えん坊で、いまだに抱き付いてきて顔をなめてきます。

甘えん坊な少年

 

大きい男の子は、テイ。
体は大きいですが、恥かしがりやで、話しかけた時の照れた顔がかわいいです。

タイの子供財団の男の子

 

リンダとミニーはとっても仲良し。
この日もくっつきながらお昼ご飯を食べてました。

タイの子供財団の女の子

 

この日のご飯は、タケノコと茶わん蒸し、
男の子たちは何度もおかわりしてました。
おしいそうです。

タイの子供財団食事

 

カンチャナブリにある子供の村学園

CHANG Child Foundation of Asia

投稿者プロフィール

私たちはナコームパトム県に本部があるタイの子供財団(FFC)と協働で、子ども達の生活を支え、知育教育の推進につとめています。
またカンボジアのスラムでは孤児院を運営し、ベトナムとラオスでも生活・教育支援を行っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る