【グルメ】タイ料理が口に合わない人にもオススメ!クィティアオの頼み方

クィティアオ

タイに来てみたのは良いけど、タイ料理が口に合わない。という人が結構関西人に多いです。
私が21年タイに住んでて、タイ料理が臭い辛い食えない!と言うのはダントツ関西人が多いです。
そして関西人特有のケチ。。。ときたら“クィティアオ”と呼ばれる米麺の店に連れて行くのが一番良いです。
(ケチじゃない人はタイスキに連れて行きましょう)
クィティアオの材料

 

この時、必ず、店頭のスープの色を確認しましょう。
薄い透き通ったスープなら関西人の一番好きな味のはず。
醤油が入ったような色は八角などの薬味が入っているので、多分また関西人は文句を言うはずです。
ここでどうやって注文するかというと、まず麺を選びます。タイ語でセンが麺、です。
センヤイ:きしめんみたいな太いやつ
センレック:細いやつ
センミー:極細。時々春雨だったりする。
バーミー:たまご麺。ラーメンの麺です。
と、まずは自分の好みの麺を選び、そこで汁有りか汁無しかを選びます
汁有り:ミーナーム
汁無し:ヘーン(ただしパスタのように油を足される可能性が高いです)
クィティアオの屋台の裏

 

で、タイ人はこの麺を食べるというより、トッピングの方が重要らしく、白い団子のようなつみれだけ適当に入れて(タマダーと言います)、という場合と、
特定のトッピングをのせてくれ(色々あって書ききれないので、「入れて欲しいトッピングを指差して「ヤークダイ、ニー」と言ってください)、という場合と、
店頭の全種類のトッピングを入れてくれ(ピセーク)、と言います。

ついでに、軟弱関西人はこのタイミングで「マイサイパクチー(パクチーを入れないで)」と、忘れずに言うことです。
しかし、複数で来店してバラバラのものを頼んだら、忘れずに伝えたはずが忘れられている可能性があります。
なので絶対に関西人が好きな風に作って欲しい!という方は自力で頼んでみてください。
クィティアオの屋台で働く女性

 

この日私が頼んだのは
「センレック、ミーナーム、プラームックゴップ」
スルメを戻したのがトッピングで米麺の細麺でスープあり、もちろんパクチーも入れてもらいます。
これに各テーブルに置いてある4種類+魚醤を自己責任で椀に投入していただきます。
白いのは砂糖ですから、関西人は間違っても入れないほうがいいですよ。
ケチな店はピーナツ粉を置かないですが、ここの店は全部揃っていました。これでバーツでした。
私は最初からパクチーも辛いのも平気な関西人ですが、ここに砂糖を入れる、という行為だけは21年住んでても受け入れられません。
クィティアオに入れるトッピング

 

情報提供:チヨちゃんトラベル イヌイマキ

通訳、観光案内、送迎、なんでもご相談ください。

https://www.facebook.com/maki.ii.9

 

チヨちゃんトラベルイヌイマキ

投稿者プロフィール

1997年4月からタイのバンコクに住む。冬がないのでずっと居座り続けて、もう日本へ帰れません。元ムエタイチャンピオンの旦那と17年一緒に住んでます。空港送迎、自家用車貸切でアユタヤやピンクガネーシャ、パタヤなどあちこちご案内しています。また企業への通訳、チェンマイやウドンタニー、ラオスなど地方や近隣国への出張も承っております。よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る