【活動報告】孤児院へのカンボジア政府の方針

カンボジアの孤児院の子供

カンボジア政府の方針で、親や親戚がいる子は家に帰されてます。
もともと家では育てらないから保護していた子ども達ですから心配です。
実際に何人かの子供は家に帰したものの、直ぐに孤児院に戻ってきてしまいました。

そこで今回やっと社会福祉省とミーティングすることができました。
なんとか子ども達を戻してほしいと頼んだのですが、政府からはたくさんの条件を出されました。
治安の問題で今の場所では不可、土地の長期契約、コンクリートの建物と柵を造ること・・

いちばん難しいのは2,000㎡の土地が必要ということです。
そこで翌日、広い土地を見に行ったのですが、何にもない場所、ここでは子供は育てられません。

ただ意外にも福証省はしっかりしていて、帰した全ての子供の住所を管理していて、月に1~2回、子供の様子を確認するため、会いに行ってくれているのです。
訪問した時の写真もたくさん見せてくれて、これには安心しました。
カンボジアの女性

社会福祉省とミーティング

カンボジアで土地探し

土地探しに苦悩する

カンボジアの子供たち

CHANG Child Foundation of Asia

投稿者プロフィール

私たちはナコームパトム県に本部があるタイの子供財団(FFC)と協働で、子ども達の生活を支え、知育教育の推進につとめています。
またカンボジアのスラムでは孤児院を運営し、ベトナムとラオスでも生活・教育支援を行っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る