【娯楽】タイはゴルフ天国 その1

プーケットのゴルフ場

タイのスポーツアクティビティは「ゴルフ」がおすすめ

ゴルファー天国ともいわれるタイの「ゴルフ」を、数回に分けてご紹介します。

何といっても、日本のゴルファーを魅了する「タイのゴルフ」とはどのようなものなのでしょか。

日本のゴルフとの違いや、ローカルな情報をご案内したいと思います。

 

多彩なコース

ローカルなコースから、トーナメントが開催されるチャンピオンコースまで、初心者からセミプロまで楽しめるのが、タイのゴルフの強みでもあります。

タイのゴルフコース

 

タイの「ゴルフ」はスループレーは基本

日本の「ゴルフ」の様な、昼の休憩(昼食など)を挟まないでプレーするのが基本です。

はっきりと言わせていただければ、日本のゴルフ事情が特殊なのです。

キャディさんとタイのゴルフ場の風景

 

キャディはプレーヤー毎に1人付きます。

日本はセルフプレーが主流(一部高級コースはキャディ付が多いですが、2~4人にキャディ1人が基本)となっておりますが、タイではセルフプレーは稀で、キャディ付が基本です。

最高プレイヤー毎に3名程度のキャディを付けることが可能です。

タイのゴルフ場のキャディさん

あれっ?と思われた方が多いのではないでしょうか?

プレイヤー毎に3人のキャディとは、バック持ちのキャディ、傘持ちのキャディ、椅子持ちのキャディです。

4サムのパーティーなら、総勢16名がコースを歩く事になります。

これがお大名ゴルフと言われる所以ではないかと思います。

それもこれも、キャディ・フィーが安いからできるお話なのです。

基本的にはキャディ・フィーは、ラウンド300B(約1,000円)~400B(約1,400円)と安く、チップ(相場はキャディ・フィーと同額程度)を加えても、プレー可能な価格であるからです。

 

これからもタイ「ゴルフ」の魅力をお伝えできれば幸いです。

 

 

Welcome to Tahiland編集部

投稿者プロフィール

当サイトでは、タイの情報提供や、広報のお手伝いをしております。
このサイトが皆さまのタイ生活のお役に立てれば何よりです。
タイに関することは何でもお気軽にご相談下さい。
皆さまからの情報提供もお待ちしております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る