【社会】タイ バンコクの屋台はどうなる?

バンコクのフードトラック

路上の屋台は壊滅状態

それに代わる販売手段として、「フードトラック」が流行りのようです。

日本でも昔は、露天商がスモールビジネスの主流だったように思います。

タイも経済発展に伴い、見栄えの悪い「屋台」は邪魔者になってしまったのでしょうか? 確かCNNの特集記事で、「世界一の屋台文化」として紹介されたのは、2年ほど前だったように記憶しています。

フードトラックを用意できる屋台オーナーさんは、金銭的な理由などを考えるとそれほど多くはないと思いますし、販売スペースも限られます。

個人的には、屋台文化の復活を望んでおりますが、難しいようであればバンコク都も屋台オーナーの事情も考慮した、新たな場所を提供してほしいと思います。

地方の状況は分かりませんが、屋台文化というバンコクの風情が失われるのは悲しいです。

Welcome to Tahiland編集部

投稿者プロフィール

当サイトでは、タイの情報提供や、広報のお手伝いをしております。
このサイトが皆さまのタイ生活のお役に立てれば何よりです。
タイに関することは何でもお気軽にご相談下さい。
皆さまからの情報提供もお待ちしております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る