【活動報告】ベトナムの目に障害のある子ども達

ピアノを弾く施設の子ども

ベトナムのマイアムテッツエン

ここは目に障害のある子たちが、治療を受けながら暮らしてます。
4才の男の子、ニーエッ。
生まれた時はほぼ全盲だったのですが、シンガポールで手術を受けて、今では左目だけほんの少しですが、明かりや形が分かるようになってきたのです。
絵本に目をくっつけて一生懸命に読んでました。
ピアノも弾けるようになっていたのには驚きです。
この子は生れた直後から見ているので、毎回の成長がとても楽しみです。

今回は先生と相談して楽器をプレゼント。
この施設は音楽に力を入れていているので上達が楽しみです!
次回は演奏会をしてくれるようお願いしてきました。

 

ベトナムの施設へ楽器をプレゼント

ベトナムの施設の子供たち

ベトナムの施設の子供たちへ

 

CHANG Child Foundation of Asia

投稿者プロフィール

私たちはナコームパトム県に本部があるタイの子供財団(FFC)と協働で、子ども達の生活を支え、知育教育の推進につとめています。
またカンボジアのスラムでは孤児院を運営し、ベトナムとラオスでも生活・教育支援を行っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る