ウドーンターニー~イサーン(東北)独特の仏教建築様式が見られる「北の町」

ウドーンターニー

バンコクから北北東へ約560キロメートル、サンスクリット語で「北の町」と名づけられた都市・ウドーンターニー。タイ東北部ほぼ全域に広がるコラート高原の北側に位置し、農業地帯に囲まれた商業都市の中心地である一方、世界遺産に登録されているバーンチェンをはじめ、数多くの先史時代の遺跡が残るなど、古代からの歴史が刻まれてきた地でもあります。また、イサーン(東北)独特の仏教建築様式や伝統文化が見られる点も魅力。隣国ラオスへの入口となるノーンカーイ県がすぐ北にあり、近隣県・国への観光拠点となる街です。

 

基本情報

位置:バンコクから北北東へ約564キロメートル。隣国ラオスの首都ビエンチャンへは北に約50キロメートル。
隣接する県:ノーンカーイ、コーンケーン
旅の季節:年間を通じて暖かい気候、11月から2月頃がもっとも涼しく過ごしやすい季節となっています。

行き方

飛行機:スワンナプーム国際空港からウドーンターニー空港行きタイ国際航空(1日3便)、バンコクエアウェイズ(1日2便※2013年11月29日より就航)[所要約1時間]。
鉄道:バンコクのフアランポーン駅から快速/急行列車が1日4本[所要約10時間]。
バス:バンコク北バスターミナル発、5:00から23:00まで約1時間おきに運行[所要時間約9時間]。
県内・市内交通:ウドーンターニー空港から市内やバーンチェン遺跡、プー・プラバート歴史公園などの観光地へは車をチャーターして回るのがおすすめです(1日約1,500バーツ~、ガソリン代別)。上記の観光地へはバスも運行していますが、最寄りのバス停からバイクタクシーなどに乗り換えが必要となります。
名物・特産品:マークケン村の竹かご、素焼きの器(バーンチェン焼き)、イサーン・ソーセージなど。
注意事項:遺跡や寺院を訪ねる際、露出度の高い服装を避けてください。仏像を触ったり、上って写真撮影したりすることは厳禁です。

 

主要連絡先

ツーリスト・ポリス

外国人観光旅行者の安全を図るために、ツーリスト・ポリスが特別に設けられており、「Tourist Police」という肩章を付けています。観光地にはツーリスト・ポリスの警察署や派出所が設けられてあり、英語を話すことができますので、トラブルが発生した場合は連絡しましょう。
ツーリスト・ポリスセンター 局番なし:1155
タイ国政府観光庁
ウドーンターニー・オフィス
16/5 Mukmontri Rd., Amphoe Muang, Udon Thani 41000
TEL:(042)325-406 FAX:(042)325-408

病院

エークウドーン・インターナショナル病院
Aekudon International Hospital
<タイ語・英語>
555/5 Posri Rd., Amphoe Muang
TEL: (042) 342-555

 

ノーンハーンの土器

先史時代の美しい土器の数々[ノーンハーン]

ウドーンターニー市内から東へ約50キロメートル、紀元前3600年頃から紀元後3世紀にかけての集落跡とされているバンチェン遺跡。世界史上でも比較的早期の農耕文明を持ち、発達した製陶技術、青銅器の使用などがうかがわれ、そのため東南アジアでもっとも重要な先史時代の遺跡として、1992年には世界遺産にも登録されました。出土品を見ると、鮮やかな紋様が施された優美なかたちの土器が特徴的で、バンチェン国立博物館では、3期からなる発展の歴史などを学ぶことができます。また、周辺のカム・オウ村では、陶土の周囲を人がまわって土器を形成する当時の技法が現代にも伝えられており、名産品として知られています。

バーンプーの奇岩群

歴史を刻む神秘的な奇岩群[バーンプー]

数百万年前の氷河や風雨の浸食によってできた奇岩群で知られるプー・プラ・バート歴史公園。不思議なバランスで折り重なる巨大な岩々は、先史時代に人々の住居として利用され、岩肌には当時の壁画や人々の手形などが残っています。またプー(山)、プラバート(聖足跡)という名にもあるように、9〜11世紀には仏教の祭事を執り行う場としても使われ、風化した仏像や巨岩を取り囲んで立つ結界石などが、神秘的な雰囲気を醸しています。12キロメートル南方にある小さな寺院、ワット・プラタート・プラ・プッタバート・ブアボックには、仏足石が奉られています。

美しい仏教建築

多彩な表情を見せる仏教建築[バーンプー/クンパワピー]

6世紀〜9世紀にかけてタイ中北部を支配していた、ドヴァーラヴァディー王国の衛星都市として栄えたウドーンターニーは、その後のクメール王朝による支配、またはラオスからの移住者などによって様々な文化的影響を受けてきました。プー・プラバート歴史公園内のワット・プラ・プッタバート・ブアバーンそしてワット・プラタート・プラ・プッタバート・ブアボックには、白く塗り固められた表面にハスの花などのレリーフが施された、方形で平面的な造形の仏塔、プラ・タートがあります。これらの16世紀〜18世紀頃に建立された仏塔はランサーン王国(ラオス)の影響を色濃く受けたイサーン様式の仏教寺院の特徴で、ナコーンパノムをはじめとするタイ東北地方の街でよく見られます。

本場のイサーン料理

本場のイサーン料理をどうぞ[ウドーンターニーの食文化]

タイ全国で人気を誇るイサーン(東北)料理。定番のタイ料理と比べて、よりスパイシーながら素朴な味わいで、ラオス料理との共通点が多いことが特徴です。香ばしいガイヤーン(イサーン風焼き鳥)をはじめ、細切りの青パパイヤにいんげんやピーナッツ、トマトなどを加え、甘味・辛味・酸味で味つけしたソムタム、炒めた牛挽肉などにハーブを和えたラープ、発酵したお米の酸味がアクセントとなっているサイクローク・イサーン(イサーン・ソーセージ)、餅米を蒸したカオニャオ。ウドーンターニーではその本場の味を楽しむことができます。

※資料・画像:提供 タイ国政府観光庁

 

【観光】情報一覧

 

以上、皆さまのタイ生活のお役に立てて頂ければ幸いです。

当サイトでは、タイに関するご相談、ご依頼を承っております。

下記より、お気軽にお問合せ下さい。一営業日以内にご返信致します。

 

タイの観光ガイドのご相談、ご依頼を承っております

ページ上部へ戻る