タイのグルメ

タイのグルメ

バンコクは食の宝庫

日本の女性に人気があるタイ料理、日本では「トム・ヤム・クン」や「ガパオ」などが有名だと思いますが、タイも国土が広く、各県のご当地料理も沢山ございます。

またバンコクでは、世界中の料理を食べることができます。

日本食を始めとして、中国、韓国、北朝鮮などの東アジア料理、イタリア、フランス、ドイツなどのヨーロッパ料理、インド料理、メキシコ料理から、何とレバノン料理まで堪能できます。

 

庶民的な「食」

タイの食事
もちろん、マクドナルド・KFC・バーガーキングなどのファストフードはもちろん、日本のチェーン店も、相当な数の進出をしているので、食に関しては困ることはないと思います。

日本の方は「タイなら1食100円しないで食べられるだろう」と思うかもしれませんが、確かに屋台で、ローカルな庶民と一緒の食事なら可能でしょう。

しかし、日本食に慣れ親しんだ身としては、タイ料理は少し味が濃く、塩分や化学調味料も多いですから、健康面を考えると毎日は避けた方がよいでしょう。

1週間程度の旅行滞在であれば、問題はないと思いますが、生活をするとなれば、一番注意を払わなければならないのが「食」ではないかと思います。

 

フードコート

屋台は衛生的にちょっと抵抗があるとか、何が出てくるのか分からないと言った不安を解消し、比較的安く、衛生的に利用できるのがフードコートです。

始めに「チケット(カード式の所が多いです)」を購入します。各店舗に写真や、サンプルが置いてあるので、指をさして(番号の有る場合は、英語で番号を言えばオーダー完了)個数を伝えれば完了です。

料理と引き換えに、チケットを渡せばお支払いも完了です。

残金は、チェットを買ったカウンターで、返金してくれます。
タイのフードコート

屋 台

タイと言えば「屋台」で食べるのが一般的で「食費は屋台で食べれば安い」と皆さまは思っておられるのではないでしょうか?

しかし、昨今のバンコクにおいて、庶民の味方である「屋台」は減少の一途をたどっております。

バンコク都の意向で、主だった大通りの「屋台」「路上店舗」は、ことごとく出店禁止になり、撤収させられています。

まだ路地の入口や、店舗の軒先を借りながら細々と営業を続けているお店もありますが、激減の一途を辿っております。

しかし、少し中心部から離れたローカルエリアでは、まだ庶民の味として「屋台」が健在な場所があります。

観光大国である、タイの観光資源の「屋台文化」の衰退は悲しい現実ですが、足を使って美味しい「屋台」を見つけてください。
タイの屋台

 

レストラン

バンコクは、多種多様な人種の方々が住んでいますので、食文化も多彩を極めております。

「タイ料理」を始めとして「日本料理」「韓国料理」「中華料理」「フランス料理」「イタリア料理」「インド料理」「ブラジル料理」など、日本では少ない「レバノン料理」や「北朝鮮料理」も堪能できます。

ホテルのバフェも、各国の料理で充実しておりますので、ご利用してはいかがでしょうか。

また日本のチェーン店も続々と出店してきており、「ここは日本?」と思わせるほどの店舗数です。

超高級店から、おしゃれなお店、リーズナブルな庶民派店まで、皆さまのご要望に合わせたお店が見つかることでしょう。
バンコクのレストラン

 

フードトラック

屋台文化の衰退に伴い、バンコクで急成長のフードトラックです。

ちょっとおしゃれな屋台の位置づけになるかと思いますが、屋台よりも衛生的で、専門の料理を提供する身近な存在となっております。

日本の国旗を掲げて、「焼きそば」「たこ焼き」などを売っている、日系のフードトラックも存在しております。
日系のフードトラック
タイの飲食店を数え上げたらキリがないくらいです。まだまだ各国の料理が堪能できるレストランがたくさんあります。

色々食べ歩いて、お気に入りを見つけてください。

 

【グルメ】情報一覧

 

以上、皆さまのタイ生活のお役に立てて頂ければ幸いです。

当サイトでは、タイに関するご相談、ご依頼を承っております。

下記より、お気軽にお問合せ下さい。一営業日以内にご返信致します。

 

タイの観光ガイドのご相談、ご依頼を承っております

ページ上部へ戻る