タイの学校

タイの学校

タイには世界最大規模の日本人学校から、インターナショナルスクール、日本式幼稚園まであります。

また学習塾なども充実しており、期間が定められている駐在員のお子さまでも、帰国してから困らない教育を受けられる環境は整っております。

そんなタイの学校についてご案内いたします。

 

タイの基礎教育

主にタイ政府の教育省により、12年間の無償での基礎教育と、最低9年間の義務教育は憲法によって保証されています。

12年間の基礎教育および、その後の高等教育で構成されています。基礎教育は6年間の初等教育と、その後6年間の中等教育に別れており、さらに中等教育は3年間の前期中等教育と、3年間の後期中等教育に別れております。

 

日本人学校

タイの日本人学校
 

タイの日本人学校は、世界の日本人学校の中でも最大規模を誇っています。

また、学力的にも優秀で、日本の小学校の履修内容をリアルタイムで学べます。

日本の小・中学校の授業に遅れをとらないようにしたいのなら(受験対策など)、迷わず日本人学校を選んだほうがよさそうです。

バンコク日本人学校は、1956年1月より泰日協会が運営する小中一貫学校で、2017年現在小学部2,194名、中学部502名の大規模校です。1926年に設立された盤谷日本尋常小学校を母体とし、世界で最も長い歴史を持った日本人学校です。

シラチャ日本人学校は、日系企業が集中し日本人人口の多いラヨーン・チョンブリ地域に、2009年に設立されたタイ国内で2校目の日本人学校です。

バンコク校同様の小中一貫学校で生徒数は400名ほどとなっています。

タイでは外国法人による学校設立が認められていないため、泰日協会というタイ日の友好親善を目的として設立されたタイ法人が設立母体となっていますが、「可能な限り日本の学校と同じ教育を行なうこと」を目的として設立されています。

正式名称:泰日協会学校

  • バンコク日本人学校
  • シラチャ日本人学校

 

幼稚園

日本の教育プログラムに基づいた教育方針で運営されている幼稚園もございます。目的や、費用に応じてお選びください。タイの幼稚園

  • メロディー幼稚園
  • レインボー幼稚園
  • こばと幼稚園
  • たけのこ幼稚園
  • SP幼稚園
  • Kid’s ACADEMY

 

インターナショナルスクール

少し前までは、タイ在住日本人のご子息、ご息女は、日本人学校に通う人がほとんどでした。

最近は国際感覚を身につけさせたいと、インターナショナルスクールに通うお子さまが増えてまいりました。インターナショナルスクール

学校の特徴

タイのインターナショナルスクールは、3つに分ける事ができます。

英国式、米国式、国際カリキュラムになります。しかし実態としては、国際的教育プログラムを採用したり、様々となっております。

タイの富裕層はインターナショナルスクールに通わせる家庭が多く、タイ人がかなりの割合を占めています。

タイではインター校へ通わせることが一種のステイタスになり、それがタイにインターナショナルスクールが多い理由です。

英語を学ばせたいのであれば、欧米人が多く通うインターナショナル・スクールを選んだ方が良いですし、日本人が多い場合などは、母国語に頼ってしまい、英語が上達しないまま終わってしまうなどの問題がございます。

タイ人ばかりのインターナショナルスクールですと、タイ語訛りの英語が身についてしまう可能性もあります。

インターナショナル・スクールに何を求めたいのか、目的意識をはっきり持って、学校選びをするようにしましょう。

インターナショナル・スクールを選ぶ手段として、「評判」などをよく聞いて、慎重に選んだほうが良いでしょう。

主なインターナショナルスクール

  • Ascot International School
  • The American School of Bangkok
  • International School Bangkok
  • The New International School of Thailand
  • Bangkok Patana School
  • Wells International School
  • Ruamrudee International School
  • St.Andrews Samakee International School

タイの大学

タイの大学
昨今の日本企業など、タイの経済発展を甘受しようとした、日本をはじめてした諸外国の進出が目覚ましい背景を考えると、タイで専門知識を習得するために、タイの大学などは選択肢の一つとなることでしょう。

一般的にはInternational Programがあるタイの大学になるのではないでしょうか。

 

英語で受講するInternational Program

これはインターナショナルプログラムと言って、各学部に併設されている英語で行われるプログラムです。

一般的に、日本人留学生はこのプログラムに入ると思います。

このプログラムの学生は留学生だけではなく、タイ人の学生も多く参加しています。

ここで学ぶタイ人は入学試験時からこのプログラムを希望し、多くが帰国子女や中高でインターナショナルスクールに通っていたという英語堪能な学生が多いです。

※注意点としては、学部によってはInternational Programが併設されていない学部もございます。

 

タイの大学のInternational Program

タイの大学のインターナショナルプログラム(英語課程)に入るために受けなればいけない試験があります。

多少大学や学部によっても違いますが、基本的にまず必要と思われるものがTOEFLとSATの2つです。

他にもIELTSやチュラーローンコン大学やタマサート大学で独自に行われているSATのようなテストもありますが、日本でもテストを受験できて世界的に受け入れられているテストというとTOEFLとSATの2つが無難です。

これを受けていれば、インターナショナルプログラムがある海外の大学はほぼ入学申請が出来ます。

 

International Programがあるタイの大学

  • チュラーロンコーン大学インターナショナル・プログラム(Chulalongkorn University International Programs)
  • タマサート大学インターナショナル・プログラム(Thammasat University International Programs)
  • マヒドン大学インターナショナル・カレッジ(Mahidol University International College)
  • カセサート大学インターナショナル・プログラム(Kasetsart University International Programs)
  • チェンマイ大学インターナショナル・プログラム(Chiang Mai University International Programs)
  • バンコク大学インターナショナル・カレッジ(Bangkok University International College)
  • アサンプション大学(Assumption University)
  • ラムカムヘン大学国際学習大学(Ramkhamhaeng University Institute of International Studies)タイ語を学ぶ語学留学

 

語学学校

バンコクには、主にタイ語、英語の語学学校が点在しており、短期語学留学からタイ語検定を視野にした、長期プログラムまで様々なコースがあります。

ご自分の求めるレベルに応じた学校を探してください。

教育ビザに関しましては、【ビザ】情報一覧をご参照ください。

タイの語学学校

 

【学校】情報一覧

 

以上、皆さまのタイ生活のお役に立てて頂ければ幸いです。

当サイトでは、タイに関するご相談、ご依頼を承っております。

下記より、お気軽にお問合せ下さい。一営業日以内にご返信致します。

 

タイの観光ガイドのご相談、ご依頼を承っております

ページ上部へ戻る