タイでの食事(日常の外食)

日常の外食

フードコート

屋台は衛生的にちょっと抵抗があるなぁとか、何が出てくるのか分からないと言った不安を解消し、比較的安く衛生的に利用できるのが、フードコートです。場所は、便利なデパートやショッピングセンター内で、屋台と同様の味を手軽に楽しみましょう。

並ぶ店は屋台と同じように麺やごはんものといったように、専門店となっています。また、タイ料理だけでなく中華や日本料理など各国料理も味わえ、デザート類も充実しています。タイのフードコート

簡単な流れは

❶窓口でクーポンやプリペイドカードを購入。クーポンは当日に限り換金してもらえるので、多めに購入しておこう。フードカード式の所は、カードを受け取る。
❷食べたいものがある店で料理を注文し、受け取る。支払いはその都度それぞれに行い、フードカード式ではカードを渡し、注文を記録してもらう。
❸料理を受け取ったら、空いたテーブルへ。スプーンやフォーク、調味料などはフードコート内の数カ所にまとめて置いてあったり、店ごとに置いていたりする。
❹食事が済んだら、食器類はそのままにしてテーブルを立って構わない。係の人が後片付けをしてくれる。
❺残ったクーポンやプリペイドカードを窓口に出すと、残金を返金してくれる。フードカード式はカードを渡し、利用金額を支払う。

人気のフードコートは、お昼前に満席となる場合が多いので、早め早めの行動が必要になります。

 

またタイのフードコート(全部のフードコートではありませんが)の注意点として、フォーク、スプーン、箸、レンゲなどは、所定の場所に備えてあり、その際に用意された熱湯で煮沸するのが一般的です。

日本のフードコートと違い、食べ終わったトレーなどは、そのままにしておけば係の方が下げてくれます。

 

バンコク市内にあるフードコートが入っている主な商業施設

<バンコクの主なフードコート>
■フード・アイランド Food Island
MBK 6 階@ナショナルスタジアム駅
■フード・リパブリック Food Republic
サイアムセンター 4 階@サイアム駅
■パラゴン・フードホール Paragon Food Hall
サイアムパラゴンG 階@サイアム駅
■フードロフト Food Loft
セントラルチットロム7 階@チットロム駅
■セントラル・フードホール Central Food Hall
セントラルワールド7 階@チットロム駅
■イータイ Eathai
セントラル・エンバシーLG 階@プルンチット駅
■ピアー21 PIER 21
ターミナル21 5 階@アソーク駅
■エンポリアム・フードホール Emporium Food Hall
エンポリアム4 階@プロンポン駅
■クオーティエ・フードホール Quartier Food Hall
エム・クオーティエ M 階@プロンポン駅

<この他にもたくさんのフードコートがございます>

  • アマリンプラザ
  • セントラルワールド 各店
  • エカマイGATEWAY
  • メガバンナー
  • BigC 各店
  • TESCO LOTUS 各店

フードコートの雰囲気

タイのフードコートのお店 タイのフードコートのメニュー タイのフードコートの調理の様子

タイのフードコートのお客 タイのフードコートの賑わい タイのフードコートの食事風景

 

料理のイメージ

タイのフードコートの麺類 タイのフードコートのメニュー タイのフードコートの食事

 

屋 台

ちょっと前までは、タイ食生活の主流であった「屋台」ですが、バンコク都の方針によって、路上販売がほとんどのエリアで禁止になっております。

そのような状況下でも、力強く営業を続けている「屋台」もありますし、建物の一角を借りて営業している「屋台」も健在です。タイの屋台

 

しかしながら「屋台」は激減の一途を辿っております。観光大国である、タイの観光資源でもある「屋台文化」の衰退は悲しい現実です。

スクムビット通り Soi38 コンドミニアム建設で、大部分は撤退を余儀なくされましたが、スッチマンション1階スペースを中心に屋台街が構成されております。

※バンコクの屋台街も、いつ消滅するか分からない状況です。

屋台料理

タイの屋台の食材 タイの屋台の焼き物 タイの屋台の料理

 

タイに進出している日本のチェーン店

日本の外食チェーンが、タイには本当に多く進出しています。タイ料理が食べ飽きたなど、慣れ親しんだ「日本の味」も大切だと思います。

タイのモスバーガー タイのリンガーハット タイのUCC喫茶店 タイのすき家

タイの丸亀製麺 タイのかつや タイのてんや タイのIPPUDO

 

数え上げたらキリがなく、日々店舗は増えております。

 

ごく普通の生活をする上では、バンコクにおいて食に困ることはないと思います。

またアレルギーに関しての対応は、遅れている感じがしますので、ご自分で対策をすることが必要です。

【グルメ】情報一覧のページをご参照ください。

 

【食事】情報一覧

 

以上、皆さまのタイ生活のお役に立てて頂ければ幸いです。

当サイトでは、タイに関するご相談、ご依頼を承っております。

下記より、お気軽にお問合せ下さい。一営業日以内にご返信致します。

 

タイの観光ガイドのご相談、ご依頼を承っております

ページ上部へ戻る