タイで子育て(基本情報)

タイで子育て

タイでは子供を「国の宝」と考えており、国全体が子供を甘やかす風潮です。

BTSなど公共の乗り物には、子供優先シール(僧侶・身体障碍者などと同じ扱い)も存在し、子供に席を譲るのが当たり前となっていたり、日本とタイには、子育て環境の違いが存在しています。

一般のタイ人は、政府による補助などはほとんど無いのが現状ですが、子どもに優しい国民であり、家族愛を大切にします。

収入が少ない夫婦は、都会に出稼ぎをしなければならず、子どもを両親に預けて養っていくのが一般的となっています。

 

バンコクの幼い子供向けの教育機関

  • インターナショナルスクール
  • 日本人向け幼稚園
  • ローカルの幼稚園 (費用の高い順に並んでおります)

ローカルの施設は現地語のみで先生との意思疎通が難しく、日本人が利用することは難しいでしょう。

また、幼稚園は15時頃には子供が帰るので、その後の対応が必要で、働いているママさんの場合は家政婦さんが必要でしょう。

子どもを持つためのサポートに関してタイの法令では、労働者は産休を90日まで取る権利がありますが、育休制度は法令で定められておらず、個人で保育者(ベビーシッター)を手配し、早期復帰する共働き夫婦が一般的で、父母やシッターに預けるケースが多いようです。
タイの幼稚園
 

子育てに家政婦さん

タイは共稼ぎ世帯が多く、日常の家事などは家政婦さんを雇うのが一般的となっています。

タイにはメーバン(アヤさん)と呼ばれる家政婦さんが多いのが特徴で、日本から赴任してきた駐在員のほとんどが、家政婦さんを雇用しているのではないでしょうか。

家政婦さんの仕事は、家の掃除からゴミ出し、買い物、洗濯、アイロン、食事、頼めば子供の送り迎えまで、家仕事のエキスパートとして活躍してくれます。

この家政婦さん(アヤさん)が、タイ生活で最も身近なタイ人になることが多いです。

良い「アヤさん」と巡り合えるかどうかは、タイでの生活が快適になるかどうかの判断材料になるでしょう。【子育て】(家政婦さん)をご参照ください。

 

バンコクの教育環境

バンコクには街中に緑が多く、高層ビルに囲まれた公園でも野生動物がいるような環境で、情操教育にはいいかもしれません。

バンコクには世界で2番目の規模の小中一貫日本人学校があり、日本と同じ履修内容で教育を受けられます。

日本人以外の外国人は、英語で授業を行う出身国系列のインターナショナルスクール(保育園から高校までの一貫校)に通い、一定の教育水準は習得できますが、そのぶん費用が高くなります。

ほかにタイ国のローカル校に通わせる方もいるようですが、教育レベルが千差万別なので慎重に選んだ方がいいでしょう。

ローカル校に通うのは、タイ人とのハーフの子どもだったり、親がタイ永住予定の方がほとんどです。

日本の有名学校受験を目的とした塾もバンコク市内にいくつかありますので、前もって情報収集をされ、目的・費用を軸に検討されることが大切です。

【学校】をご参照ください。

タイの学校

 

【子育て】情報一覧

 

以上、皆さまのタイ生活のお役に立てて頂ければ幸いです。

当サイトでは、タイに関するご相談、ご依頼を承っております。

下記より、お気軽にお問合せ下さい。一営業日以内にご返信致します。

 

タイの観光ガイドのご相談、ご依頼を承っております

ページ上部へ戻る