タイで住まいを借りる(物件)

タイの賃貸物件

バンコクには、大小さまざまな賃貸アパート、賃貸コンドミニアムが点在しております。

ご自身の希望するご予算に合わせた物件をお探しください。

初めから不動産を購入して、移住をされる裕福な方もおられますが、まずはタイという国をご自分の目で見て、肌で感じてから次のステップ(不動産購入とか)に進んではいかがでしょうか。タイの高層マンション

 

バンコクでのお部屋探し

<物件探しの方法としては>

  • 「タイにある日系不動産会社」に仲介の依頼をする。
  • タイに知人がいれば、物件の紹介をしてもらう。
  • 自力で、物件を探し回る。

※基本的にタイ人向けアパートには台所はありません。

などがありますが、日系不動産会社に仲介してもらうのが、一般的な方法ではないでしょうか。

海外の賃貸物件情報は、なかなか収集するのが難しいものです。

ここでは、バンコクの日系不動産会社に、賃貸物件の仲介依頼をして、お部屋を探される場合の要点についてご紹介します。

 

物件の種類

バンコクでの居住用物件は①アパートメント②コンドミニアム③サービスアパートメント④ホテルの4つに分類されます。

またほとんどの物件には家具や家電がついていたり、セキュリティ常駐、最寄り駅までのトゥクトゥク等の送迎付く、プール付き物件が多いのも特徴です。

 

アパートメント

オーナーが、法人もしくは個人で1棟まるごと所有経営している物件です。

ほとんどの物件で各部屋同じ内装、管理状態が比較的よく、オーナーが同じ物件に住んでいることも多いので、トラブル時の対応が比較的早いなどがおすすめポイントです。

賃貸借契約は個人契約が主で、法人契約はできない場合があり、事前確認が必要です。タイの高級アパート

 

コンドミニアム

日本では、分譲マンションと言えばご理解いただけると思います。オーナーの趣味や予算で間取りや内装が異なります。

昨今は奇抜な内装が登場したり、日系デベロッパーが販売している物件もあり、購入した所有者が住まないで賃貸にしている物件も多く、比較的安価なことから人気がありますが、同じ物件内でも部屋別(所有者別)に管理内容や、内装などにばらつきがあるのが難点です。

しかしトラブルがあった際に、所有者と連絡がつかないなど、問題点も多いです。

賃貸借契約は原則個人契約のみで、税金の関係などで法人契約の場合断られるケースが多いです。タイの高層コンドミニアム

 

サービスアパートメント

法人が事業用として所有し運営しているホテル式サービスを取り入れたマンションです。

セキュリティーに優れ、メイドサービスや衛星放送視聴料、光熱費が賃料に含まれている場合が多く、もちろん法人契約が可能です。

その分家賃も高額になってしまいますが、設備・サービスの点を考慮すると最上位の物件と言えるでしょう。サービスアパートメント

 

ホテル

日本でホテル暮らしと言えば、一部芸能人などが頭に浮かびますが、バンコクでは安価なホテルであれば、月極で借りる事ができます。

短期や中期のご利用であれば、契約期間の問題などを考えれば、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。ホテルの室内

 

当サイトでは、「賃貸物件仲介等」のご相談、ご依頼を承っております。

 

【住まいを借りる】情報一覧

 

以上、皆さまのタイ生活のお役に立てて頂ければ幸いです。

当サイトでは、タイに関するご相談、ご依頼を承っております。

下記より、お気軽にお問合せ下さい。一営業日以内にご返信致します。

 

タイの観光ガイドのご相談、ご依頼を承っております

ページ上部へ戻る