バンコクBTS(スカイトレイン)/乗り方

BTS(スカイトレイン)/乗り方

バンコクでは電車に乗れるようになれば、行動範囲は大きく広がります。

先ずはバンコクの空を走るモノレール。
「BTS」とか「スカイトレイン」と呼ばれる高架鉄道です。
スクンビット線とシーロム線の2路線があり、バンコク中心部の至るところに駅が伸びている、ショッピングやビジネスにも欠かせない交通です。

渋滞も関係なく、駅も車内もとても清潔、運賃も格安です。
殆どの駅にトイレはなく、飲食も一切禁止ですので、ご注意下さい。

 

【運航時間】6:00~24:00

【運航間隔】約2分30秒~8分

【運賃】15B~52B

子供料金はありませんが、身長90cm以下の人は無料。ただし子供でも、身長90cm超えると大人と同じ料金になります。

 

これが駅の入口。

路上から階段で上がったり、ショッピングセンターから直結されている通路もあります。

スカイトレインBTS駅の入り口

 

先ずは乗車券を購入します。乗車券には以下があります。

磁気式の乗車券

15B~52B

日本なら切符。その都度、券売機で購入します。

 

ラビットカード(ICカード)

初回購入時の例 200B(発行手数料50B、デポジット50B、チャージ金額100B)

日本でいうスイカやパスモ。駅構内の窓口で購入します。

チャージ式と、30日の回数券式が選べますが、短期旅行ならチャージ式でいいでしょう。

 

ワンデイパスカード

120B

駅構内の窓口で購入します。

使用開始日からその日の深夜24時まで乗り放題です。

 

ラビットカードやワンディパスカードの購入

ラビットカード初回購入時なら、200Bを渡して「ラビットカード、プリーズ!」と言えば伝わるでしょう。

チャージの時も100B(最低チャージ料金)以上を渡して「チャージ、プリーズ!」でOK。

ラビットカードやワンディパスカードの購入

 

磁気式の乗車券の購入

乗車券は券売機で購入します。

殆どの券売機では紙幣は使えず、硬貨しか使えません。

紙幣しかない場合は、窓口で両替してもらいましょう。

  1. 路線図で行先の駅を確認、そこまでの運賃が表示されてます。
  2. 先に運賃のボタンを押して下さい。
  3. 次に硬貨を入れて下さい。
  4. 5. 磁気式の乗車カードとお釣りが出てきます。

タイの自動券売機

自動改札口を通過します。

雰囲気は日本の改札口と大差ありません。
自動改札口

 

乗車カードは図の差込口に挿入して下さい。

カードには挿入する「←」があるので、その通りの方向に挿入して下さい。逆や裏だと挿入できません。

日本の切符と同じで、挿入したら、また出てきますのでそれを持っていて下さい。降りる時に使います。

ラビットカードの場合は図の位置にタッチして下さい。モニターに運賃や残高が表示されます。

 

自動改札機の説明

 

改札口を通過すると、荷物検査をされることがあります。

ここではバッグのチャックを開けて、上から見せるだけで大丈夫。それほど細かく見られることはないでしょう。

タイの駅での荷物検査

 

行先側のホームへ、エスカレーターで上がります。

逆方向に乗らないように、路線図で方向を確認。分からなければ職員に行きたい駅名を言えば、どっちのホームか教えてくれます。

行先側のホームへ向かいます。

 

これがBTSのホーム。運転間隔は短く、待ち疲れることもありません。

いつもとても清潔です。飲食、喫煙は一切禁止。

BTSのホーム。飲食、喫煙禁止。

 

BTSが来ました。

タイ人の電車マナーはとても良いです。押したり割り込んだりしないで、順番に乗って下さい。

通勤ラッシュ時でも、日本のように強引に乗ってくる人はいません。

洋服がちょっと触れ合うくらいが満員の限度でしょう。タイの人は満員になったらピタッと止まって次の電車を待ちます。

BTSの電車

 

BTSの車内です。

ここでもタイ人のマナーはとても良いです。

足を投げ出してる人もいませんし、スマホで大きな声で電話している人も見たことありません。

かなり冷房が効いているので、結構寒いです。薄い長袖があってもいいですね。

BTS車内の様子。

 

目的の駅で降りたら、あとは日本と同じです。

自動改札で磁気式乗車券を挿入(降りる時は出てきません)、もしくはラビットカードをタッチして通過して下さい。

BTS自動改札で磁気式乗車券を挿入

 

BTSとMRT(地下鉄)の路線図です。

駅にも車内にも掲示されてますが、スマホに入れておいても便利ですね。

以下の駅でBTSから、MRT(地下鉄)へ乗り換えることができます。

・BTSモーチット駅 → MRTチャトチャック駅

・BTSアソーク駅 → MRTスクンビット駅

・BTSサラデーン駅 → MRTシーロム駅

BTS路線図

 

【交通】情報一覧

 

以上、皆さまのタイ生活のお役に立てて頂ければ幸いです。

当サイトでは、タイに関するご相談、ご依頼を承っております。

下記より、お気軽にお問合せ下さい。一営業日以内にご返信致します。

 

タイの観光ガイドのご相談、ご依頼を承っております

ページ上部へ戻る