バンコクのタクシー/乗り方

【タクシー/乗り方】のご案内

バンコクのタクシーは運賃の安さと便利さ、何しろ至る所で走っているので無くてはならない存在となっております。 

割り増し(ボッタクリ)には気を付けて、乗ったら直ぐにメーターが正しく動いてるかをチェックしましょう。

もちろん全てドライバーが割り増しをする訳ではありませんし、中にはとても親切なドライバーもおります。

それと降車の際に、ドライバーに運賃を渡したら「お釣りがない」ってことで全部渡すはめになることもあります。

硬貨と細かい紙幣は用意しておいた方がいいでしょう。

 

タクシーの種類と乗り方

メータータクシー

運賃:初乗り35B(空港から乗車する場合は50Bの空港料金が加算)

乗り方:外部天井に「TAXI METER」の行灯がある事を確認してください。

タイのタクシーの乗り方

 

タイでは日本のように手を挙げるのではなく、横に手を出すようにして停めます。

タイのタクシーは横に手を出して停める

 

自動ドアではありませんから、自分で扉を開けて行先を告げて下さい。

タイでは乗車拒否は珍しいことではありません。逆方向だったり、運転手の都合では平気で「No」と返答されます。

運転手が首を縦に振ればOK(言葉で「OK」とか「ダ~ィ」と言う場合もあります)、そこで乗車して下さい。

メーターを正しく使っているか(メーターボタンを押し、最初の表示が「35」と表示)を確認してください。

 

メータータクシーの種類

個人タクシー:黄色と緑のツートン

会社タクシー:一色に車体を塗っている(ピンク・赤・黄・緑など)

 

交渉制タクシー

運賃:交渉で決まります。

乗り方:メータータクシーと同じ

※言葉の問題とか、土地勘が無い場合はご利用しない方がよいでしょう。

 

【交通】情報一覧

 

以上、皆さまのタイ生活のお役に立てて頂ければ幸いです。

当サイトでは、タイに関するご相談、ご依頼を承っております。

下記より、お気軽にお問合せ下さい。一営業日以内にご返信致します。

 

タイの観光ガイドのご相談、ご依頼を承っております

ページ上部へ戻る