タイ入出国カードの書き方

タイ入出国カードの書き方

タイへ行く飛行機内で入出国カードが配られますので、それを記入して下さい。
※2017年10月から、入出国カードのフォームが変わりました。
新しいフォームは以下です。
左3分の1が「出国カード」、右3分の2が「入国カード」、繋がっています。

出国カード(DEPARTURE CARD)の書き方

出国カード

  1. Family Name(姓):例「SUZUKI」
  2. First Name & Middle Name(名):例「TARO」
  3. Date of Birth (生年月日)
    DD(日)/MM(月)/YYYY(西暦):1980年10月21日生まれなら→21 10 1980
  4. Passport no.(パスポートナンバー):パスポートの写真ページに印字されている番号を書いて下さい。
  5. Nationality(国籍):日本人なら「Japanese」
  6. Flight no./Vehicle no.(タイを出国する時の飛行機便ナンバー/もしくは車両便ナンバー):多くは飛行機で出国するでしょう。航空券を見て、帰りの便の番号を書いて下さい。
  7. Signature(著名):パスポートのサインと同じ、漢字なら漢字で書いて下さい。

タイ入国カード(ARRIVAL CARD)の書き方

  1. Family Name(姓):1.同様
  2. First Name & Middle Name(名):2.同様
  3. Middle Name (ミドルネーム):一般的には無いので空欄でいいです。
  4. Gender(性別)
    Male(男性)/ Female(女性):自分の性別にチェックして下さい。
  5. Nationality(国籍):5.同様
  6. Passport no.(パスポートナンバー):4.同様
  7. Date of Birth (生年月日):3.同様
  8. Flight no./Vehicle no.(タイに入国する時の飛行機便ナンバー/もしくは車両ナンバー):多くは飛行機で入国するでしょう。航空券を見て、行きの便の番号を書いて下さい。
  9. Visa No.(ビザナンバー):ビザを持っている人は、リエントリーパーミット(再入国許可証)番号を記入。持って無い人は空欄でいいです。
  10. Occupation(職業):以下、参考にして下さい。会社員:Office Clerk もしくは Office Worker
    会社社長: President
    公務員:Public Official
    個人事業主: Proprietor
    医者:Doctor
    教師:Teacher
    学生:Sutudent
    主婦:Housewife
    無職:None
    退職者:Retired
  11. Country Where You Boarded (便の出発国):どこの国からタイに入国したか。日本から入国した場合は「Japan」
  12. Purpose of visit  (タイ入国の目的):以下、参考にして下さい。
    観光:Tout/Sightseeing ※無難な書き方です。
    商用:Business
    会社などの旅行:Incentive
    会議:Meeting/Convention/Exhibition/Conference
    博覧会・展示会:Exhibitions
    就業:Employment ※就労ビザ(B)が必要です。
    医療;Medical
    公務:Official
    留学:Study/Education ※就学ビザ(ED)が必要です。
    乗継:Transit
  13. Length of Stay (滞在日数):入国した日から、出国する日までの日数
    ビザがない場合は30日までです。
    日数が決まってなくても、空欄ではなく、目安の日数でもいいので書いておいた方がいいでしょう。
  14. Residence (居住地):自分が住んでいる国と地域
    City/State:埼玉県なら「Saitama」
    Country of Residence : 日本なら「Japan」
  15. Address in Thailand(タイでの滞在先住所):ホテル名と、大まかな場所だけでいいです。
    どこに滞在するか決まってない場合でも、空欄ではなく、どこかしらのホテル名等を書いて下さい。
  16. Telephone(タイで繋がる電話番号):タイでの番号が無ければ、日本の携帯番号でも書いておけばいいです。
  17. Email(Eメールアドレス):自分のアドレスを書いて下さい。
  18. Signature(署名):パスポートのサインと同じ、漢字なら漢字で書いて下さい。

タイ入出国カード“裏面”の書き方

※タイに居住している人は書かなくていいです。

以下、該当する項目へチェックして下さい。

タイ入出国カードの書き方

  1. Type of Flight(フライトのタイプ)
    Charter(貸切便)
    Schedle(定期便)
    通常の飛行機はSchedleです。
  2. Is this your first trip to Thailand? (タイへの訪問は初めてですか?)Yes(初めての訪問)
    No(初めての訪問でなない)
  3. Are you traveling as part of a tour group?(ツアーでの旅行ですか?)
    Yes(ツアー)
    No(ツアーではない、個人)
  4. Accommodation (タイでの宿泊先)
    Hotel(ホテル)
    Friend’s House (友人の家)
    Youth Hostel(ユースホステル)
    Apartment(アパート)
    Guest house(ゲストハウス)
    Others(その他)
  5. Next city/Port of disembarkation (タイの次に行く目的地)
    日本の成田空港に帰国するなら「Narita Japan」
  6. Purpose of Visit(タイ訪問の目的)Holiday(休暇)※ここにチェックすると無難です。
    Meeting (人に会う)
    Business (商用)
    Incentive (会社などの旅行)
    Education (タイの学校に留学) ※就学(ED)ビザが必要です。
    Conventions (国際会議や大会)
    Employment (タイ就業する) ※就労(B)ビザが必要です。
    Exhibitions (博覧会・展示会)
    Transit (乗り換え)
    Others(その他)
  7. Yearly income(年収)
    1$=110円の場合
    Less than 20,000US$ (220万円以下)
    20,000-60,000US$ (220万円~660万円)
    More than 60,000US$ (660万円以上)
    No income(定期的な収入がない場合)
  8. For Official Use:入国審査の職員が書く欄です。空欄にしておいて下さい。

 

【交通】情報一覧

 

以上、皆さまのタイ生活のお役に立てて頂ければ幸いです。

当サイトでは、タイに関するご相談、ご依頼を承っております。

下記より、お気軽にお問合せ下さい。一営業日以内にご返信致します。

 

タイの観光ガイドのご相談、ご依頼を承っております

ページ上部へ戻る