タイのビザ(リタイアメント)

ロングスティビザ(リタイアメントビザ)

ロングスティビザ

ロングスティビザとは

条件は年齢が50歳以上の方が、一定の条件を満たすことによって、タイで長期間(初回取得は3ヵ月後更新・それ以降は1年更新)にわたって滞在ができるビザの事をいいます。

取得の条件

タイ国内の金融機関に80万B(約270万円)以上の預金が3か月以上あること。

また定住できる住所があり、その他イミグレーションの定める書類が提出できることなどが条件になります。

在日タイ王国大使館でも申請・取得は可能ですが、提出書類の煩雑さを考えると、タイ国内での取得がお勧めです。

※年金を受給されている方は、毎月65,000B(約22万円)以上の年金収入証明、若しくは年間に80万バーツ(約275万円)以上を確認できる収入証書が必要になります。

リタイアメントビザ

(Non immigrant /O,O-A)リタイアメントビザ

対象年齢:50歳以上

条件:タイ国内に80万バーツ(約275万円)以上の預金が3ヵ月以上あること。又は、年金受給金額が、65,000B(約22万円)/月額以上あること、あるいは預金と年金の年間収入を合せて80万バーツ(約275万円)以上あること。

期間:1年(タイ国内で取得の場合は、最初3ヵ月のビザ発行、その後1年ビザに更新)

タイ国内でロングスティビザ(リタイアメントビザ)を取得する場合を例にご説明します。

申請条件 :以下1~3のいずれか、及び4を満たしていること。

  1. 50歳以上、年金額が年間で80万バーツ以上ある(為替変動にご注意下さい。若干の余裕が必要です)
  2. 50歳以上、年金額とタイでの貯金併せ、年額で80万以上ある
  3. 50歳以上、タイでの貯金が80万バーツ以上ある。
  4. ビザ申請日時点で、滞在期限が15日以上残っていること

※2及び3について、初回取得の時には、以下の書類が必要です。

  • 銀行の発行する、外貨がタイの口座へ送金されたことを示す証明書
  • 日本円を現金で持ち込んだ場合、両替証明(銀行や公認両替商が発行するもの)

取得までの流れ

①ノービザ(30日)や観光ビザ等で入国、残日数が15日を切る前までにビザ切替え申請。

→まず90日の滞在期限が得られます。

②上記90日ビザの期限日~1ヶ月前に延長申請

→1年間の滞在許可。通常は即日許可

必要書類

<80万B以上の預金がある場合>

  1. パスポート原本とコピー
  2. 銀行通帳原本とコピー
  3. 銀行の残高証明書(申請当日に取得のもの)
  4. 外貨送金証明、両替証明のいずれか
  5. 顔写真 (縦6×横4cm)

<年金のみで80万バーツ以上ある場合>

  1. パスポート原本とコピー
  2. 英文年金証明(在タイ日本大使館発行)
  3. 顔写真 (縦6×横4cm)

※80万B以上の預金がない場合や、預金期日が規定日数に持たない場合などは、当サイトでお問い合わせください。

リエントリーパーミット(再入国許可)

長期のビザを持っている場合、出国前にリエントリーパーミット(再入国許可)を取得する必要があります。リエントリーパーミット

 

通常のビザは、出国とともに失効してしまいますので、一時的に出国する必要がある場合は、出国前にリエントリー・パーミットを取っておく必要があります。

リエントリーパーミットの種類

  • マルチプル
  • シングル

シングルならばビザ期間内に一度の出国予定がある場合、マルチプルなら2回以上出国予定がある場合に取得します。

シングルパーミットは、国の手数料が1,000Bで、マルチプルパーミットは、国の手数料は3,800Bです。

 

90日レポート

90日レポート
タイに90日を超えて滞在する外国人は、90日毎に所轄のイミグレーションで、所在の確認を行わなければいけません。

イミグレーションのサイトから申請もできますが、不具合でアクセスできない場合も多いので、直接イミグレーションに行くか、郵送を活用した方が良いでしょう。

バンコクイミグレーション http://bangkok.immigration.go.th/intro1.html

 

当サイトでは、「各種ビザ取得・リエントリーパーミット取得・ワークパーミット取得、タイランドエリートカードのお申込み等」のご相談、ご依頼を承っております。

【ビザ】情報一覧

以上、皆さまのタイ生活のお役に立てて頂ければ幸いです。

当サイトでは、タイに関するご相談、ご依頼を承っております。

下記より、お気軽にお問合せ下さい。一営業日以内にご返信致します。

 

お問合せください

ページ上部へ戻る