タイで求人

タイで求人

タイで起業・進出をされていたり、これから起業・進出を計画されている方々は、人員計画などの点からタイ人スタッフや、在タイ日本人の現地採用を検討しなければなりません。

幸いバンコクなど都市部や、工業団地などに特化した「人材紹介会社」が多数存在しております。

様々なニーズ(日本語が堪能なタイ人とか)にマッチした人材確保のお役に立つことでしょう。

またフリーペーパーがたくさん発刊されており、求人欄も活用されていますので、求人活動は他の外国と比べて、そう難しくはないでしょう。

背景には50,000人とも、100,000人とも言われている在留邦人数が関係しております。

特にバンコク近郊は、専門知識を持ったリタイアした技術者や、マルチリンガルな若者など、様々な人材が集まっております。
バンコクの通勤ラッシュ

求人の仕方

日本の求人とほんど変わりはありませんが、日系企業の活用法として、人材紹介会社を利用したり、フリーペーパの紙面を利用した求人が多いです。

  • 人材紹介会社に依頼
  • フリーペーパーを活用
  • Webサイトの求人欄を活用
  • 知り合い関係の紹介
  • インターンシップを活用
  • 曼谷商工会議所に相談するなど

 

バンコクのフリーペーパー

タイで良い人材を確保する(日本人・タイ人共通)

企業としては、少しでも良い人材が求職をしていただけることが望ましいですが、企業側も、良い人材を確保するための環境を整えることが望ましいです。

<一例として>

社会保険:義務づけられているので、必ず社員を採用したら加入してください。

退職金積立制度:退職金給付制度は、長期でスタッフに働いて欲しい企業は検討した方が良いでしょう。

医療保険:タイの社会保険は、決められた公立病院しか使えないため、私立病院のような良い医療を受ける場合、高いお金を払わなければなりません。その負担を、民間の医療保険に加入することで補えます。

家族手当:家族(両親・子供など)を大切にするタイでは、家族にプレゼントを買うための手当てを、会社が負担する場合もあります。

社員旅行:1年に一度、業績が良ければ海外も視野に入れ、社員の結束を強めるためにも社員旅行は有効です。

これ以外には、保育施設を設けたり、会社のリクリエーションに社員の家族を招待する、残業で働いている人には夕食を支給するなど、独自の福利厚生を設けている会社もございます。

 

タイの最低賃金

タイには政府が定めた最低賃金があり、年々高騰を続けて現在のタイ人最低賃金日給は約310Bに引き上げられております。

また雇用する人種で最低賃金が違いますのでご注意をしてください。

※日本人を雇用する場合の最低賃金は、50,000B以上となっておりますが、これは最低50,000B分の税金を納めて下さいと言う意味になります。

厳密に言えば、タイ人も外国人も最低賃金日給約310B、月給換算ですと約9,300Bで問題はないと言うことになります。

 

国別では

  • アメリカ・カナダ:60,000B
  • 欧州・オーストラリア・日本:50,000B
  • 観光・台湾・マレーシア:45,000B
  • インド・中国・フィリピン・ロシア:35,000B
  • ベトナム・ラオス・カンボジア・アフリカ:25,000B

 

日本人を雇用する

一般的に日本人を雇用する場合に、企業側で必要な項目など。

  • ノンイミグラントBビザを取得させる。
  • 労働許可証の発給を受けさせる。
  • 雇用会社は外国人1人につき200万B以上の資本金額が必要。
  • 外国人1人につき、タイ人4人以上を雇用する必要がある。
  • 国が定める39業種について、外国人は就業禁止となっている。

など他にも決まりがございますので、専門の会社にご相談・ご依頼される方がよろしいかと思います。

 

タイ人を雇用する

日本人を雇用する時のような細かい決まりは少ないですが、タイの労働関係の法律に則した「就業規則」等の整備は必要になります。

  • 1日8時間、1週間48時間を超えないこと
  • 連続して5時間以上労働する場合は1時間以上の休憩

など就業規則が必要になります。タイ人を雇う際も、専門の会社にご相談・ご依頼される方がよろしいかと思います。

 

まとめ

今後もタイは、旺盛な自動車産業のハブとして、また東南アジアの優等国となった背景を基盤にしながら、地政学的にも有利な点を武器に、東南アジアの製造業・ビジネスの需要は増えることでしょう。

特にAEC (ASEAN経済共同体) が発足してからは、人材の流れも競争が激化してゆくことも考慮しながら、流れに乗り遅れることなく、人員の確保ができるように準備をしてください。

 

【求人】情報一覧

 

以上、皆さまのタイ生活のお役に立てて頂ければ幸いです。

当サイトでは、タイに関するご相談、ご依頼を承っております。

下記より、お気軽にお問合せ下さい。一営業日以内にご返信致します。

 

タイの観光ガイドのご相談、ご依頼を承っております

ページ上部へ戻る